環境への取り組み

Environmental Activities 環境への取り組み

私たちハーゲンダッツ ジャパンは、
これからもお客様に満足いただける
アイスクリームをお届けするとともに、
環境保護・支援に関するさまざまな
取り組みも行っています。

霧多布湿原ナショナルトラストを支援
霧多布湿原ナショナルトラストを支援
原料のミルクの生産地である北海道・根室釧路地区において、厚岸郡浜中町のNPO法人霧多布湿原ナショナルトラストへの支援を行っています。霧多布湿原は国内では5番目に大きな湿原で、1993年にはラムサール条約にも登録されています。資金面の支援に加え、当社社員が湿原の景観保全のボランティア活動に参加しています。
ストレスフリーエクスペリエンス
ハーゲンダッツに使われるミルクのふるさと、北海道で暮らす牛たちのストレスフリーな生活をウェブサイトでご紹介しています。
ストレスフリーエクスペリエンス
群馬工場での取り組み
群馬工場での取り組み
水道や電気の使用量の削減目標を設定して、環境に配慮した商品作りを行い、2001年に環境の国際規格であるISO14001を取得。また、製造の途中で出た原料の残さは、動物の飼料にするなどの食品リサイクルへの取り組みを行い、資源の有効活用を図っています。
地球環境の保護
地球環境の保護
ハーゲンダッツ ジャパンでは地球環境の保全と持続可能な社会の実現に取り組むことが企業の責務と考え「石油由来プラスチック資源削減目標」の設定をはじめ、さまざまな取り組みを行っています。
2022年4月から流通や販売店で配布している石油由来プラスチック製スプーンをバイオマス10%配合のプラスチックへ切り替えるとともに、供給量の削減を行ってきました。
さらに、2024年2月よりミニカップ製品のリッド(フタ)を石油由来プラスチックから環境に配慮したバイオマスプラスチックへと切り替えます。
これらの取り組みにより、2025年にプラスチック使用量の50%の削減(2021年比)が見込めます。