営業推進

C.T 2019年入社

#文系

#お客様視点を大切に

#明るくチャレンジ!

  • 2019

    営業本部 首都圏営業部

  • 2022

    同 営業推進部

C.T
Favorite flavor ミニカップ ストロベリー
  • Q ハーゲンダッツ ジャパンを志望した理由はなんですか?

    「お客様の日常に”小さな幸せ”や”心ときめく豊かな時間”を提供できる仕事」を軸に就職活動をしていました。ハーゲンダッツの商品は単なる食品(モノ)ではなく、食べる前のワクワク感や食べた後の満足感など、「特別な時間」まで提供できるブランドであると消費者のときから感じていたこともあり応募に至りました。面接中に自分の人柄に興味を持って深堀してくださる姿勢や、面接をしてくださった方々が爽やかで親しみやすく明るい雰囲気だったのも決め手のひとつです。

  • Q 学生時代はどんな人でしたか?

    英語・ゼミ・サークル・アルバイトなど、やると決めたことには全力投球していました。また、興味を持ったものはとことんリサーチして、実際に行ったり食べたり試したりする好奇心旺盛な部分もあったと思います。海外に行くことも好きで、アルバイトでためたお金で旅行や、ボランティア活動にも参加したりと、国際交流を楽しんでいました!このような学生時代のフットワークの良さは仕事でも生かされていると思っています。また、入社後も変わらず好奇心旺盛な部分や大事な業務に全力投球で取り組む姿勢は変わりません。

  • Q 入社以来、どんなお仕事を経験しましたか?

    入社後、営業本部首都圏営業部に配属され、1年目は主に東京・神奈川エリアのスーパーマーケット40店ほどの店舗を担当し、1日あたり車で4~5店舗訪問していました。店舗では新商品の案内や新たな売り場の提案、商品の陳列なども行いました。2年目以降は主に埼玉を中心に展開するスーパーマーケットの本部・卸店の担当をさせて頂いていました。卸店担当者と協力し、仕入れ担当者(バイヤー)に向けて、売り上げ拡大に向けた販売促進施策の提案を行いました。営業本部首都圏営業部を3年経験したのち、現在は営業本部営業推進部で活動をしています。

  • Q 現在の仕事内容を教えてください。

    営業本部営業推進部は、営業活動の土台作りとして、営業戦略立案、基盤整備など幅広い業務を行っております。その中でも私は主に、販促物や調査データなどを用いて、店頭で売りたい商品がしっかりとお客様の目に入り、どのようにしたら購入していただけるかを考えたり、売り上げ拡大に向けて営業担当者にどういった活動を実施してもらうかを検討する業務に携わっています。

  • Q 営業担当の経験は現在の業務に生かせていますか?

    営業現場での経験は、非常に生かせていると思います。営業時代には、お客様、お取引様、自社など様々な立場からの目線を持ち、相手に寄り添いながらご提案することを意識して活動していました。まず一番大切なのはお客様目線。お客様との大事な接点の場であるスーパーマーケットの店頭をよく観察したり、お店のご担当者とのコミュニケーションを通して消費者ニーズを探り、現場での課題やチャンスを日々模索しながら、ご提案に繋げていました。また同時にお取引先であるスーパーマーケット・卸店の立場や課題を丁寧にヒアリングしてくみ取ることで、自社の売り上げだけでなく、先方の利益になるご提案をしたいと思いながら営業活動に取り組んでいました。現場での経験は、現在の業務である営業活動のサポートや営業戦略を検討する上で、どのような取り組み施策が「お客様(消費者+取引先)」に響くのかを意識しつつ、自社利益との良いバランスを取りながら進めることに活きていると思います。

  • Q 現在の仕事における“やりがい”を教えてください。

    間接的でも売り上げに貢献できているのを肌で感じられる点です。制作に携わった販促物が、お客様の購入の後押しになっていると、やはりうれしくなり、さらに良いものを作りたいという気持ちになります。また、営業の商談に同席することがあるのですが、営業担当者とは違った営業推進部ならではの視点での提案で商談がうまくいくこともあります。そんな時、営業担当者に「助かったよ」というひと言をもらえた時はやりがいを感じます。

  • Q 思い出に残っているエピソードを教えてください。

    営業推進部に異動してすぐは、営業担当者が使用する販促物管理システムの開発担当になりました。私の中で、営業推進部は「売り上げを上げていくための戦略立案やサポートをしていく!」という業務をイメージしていたため、イメージとは違った内容に戸惑いを感じていました。システム関連の知識もあまりなく、途中から引き継いだこともあり、かなり苦戦したのを覚えています。約1年かけてさまざまな部署の皆さんにも協力していただき、なんとか形にすることができました。正直、最初は興味がなかった業務内容でしたが、全国の営業担当者からも「販促物の手配が簡単にできるようになった!」「作業効率化につながった」という声を直接いただき、本当にうれしかったです。直接売り上げに関わるような業務ではないですが、営業担当者の作業負荷を軽減させて、営業活動の時間を創出するという間接的なサポートの重要性を学ぶ良いきっかけになりました。

  • Q ハーゲンダッツ ジャパンの好きなポイントは?

    入社して先輩方とのコミュニケーションの中で強く感じたのは、皆さんブランドのことを大切に思っているということでした。お客様を裏切るようなことはもちろん、ブランドの価値を下げるようなことは絶対にしないというマインドは持ちつつも、新しい時代や環境でお客様に愛され続けるように、挑戦しつづける柔軟な姿勢がとても好きです!

Time Schedule 1日のスケジュール

  • 6:30
    起床
  • 8:00
    通勤
  • 9:00
    メールチェック、データ分析、資料作成
  • 11:00
    販促物制作グループ 打ち合わせ
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    販促会社と商談
  • 14:00
    色校正確認
  • 15:00
    物品管理システム会社と商談
  • 15:30
    マーケティング本部連動企画 打ち合わせ
  • 16:00
    営業販促企画 打ち合わせ
  • 18:00
    退勤
  • 19:00
    帰宅・夕食
  • 20:00
    家事、趣味(ジム・プロレス観戦など)
  • 23:00
    就寝

持前のフットワークを活かして
営業を全力でサポート。

  • Q お客様に“ずっと好き”だと思ってもらうために取り組んでいることは?

    営業時代から大切にしていることですが、どんな時でもお客様視点を忘れないことを大切にしています。店頭でお買い求めいただく際に、ハーゲンダッツの商品を手にする瞬間からワクワクしていただけるような機会の創出に注力しています。

  • Q 今後挑戦していきたいことは?

    ブランドのイメージを保ちつつ、お客様の目に留まるような新しい販促物開発や、売り上げ拡大に向けた営業戦略立案などにチャレンジしていきたいです。そのほか、将来的には更なる新規ユーザー、新規需要獲得に貢献できるような、SNSやデジタル関連の企画・運営にも携わってみたいです。

難しい状況でもなんとか前向きに乗り切ろうとする人と是非一緒に仕事をしていきたいです。
私自身、周りの方々の温かいサポートがある中で、
自分のペースでのびのびと仕事を進めさせていただいているので、その人のペースを大切にしながら
バックアップしていきたいです。
もし失敗してしまっても、全力でサポートします!

先輩からのメッセージ